子どもの可能性をより広げる環境|小学校受験のすすめ

子供に習わせるべきもの

サッカー

運動は体にも頭にも良いものです。だから、子供の習い事の1つはスポーツにすると良いです。体に良いことは誰もが認めますが、頭に良いことはあまり知られていません。体を動かすことで、血行が良くなり、免疫力が増すし、記憶などの学力なども増すのです。スポーツばかりしていると勉強が疎かになってしまい授業についていけなってしまいますが、適度に子どもにスポーツさせることは、受験対策にもつながるものです。難関大学の学生の多くが、子どもの時に水泳や武道などの比較的激しいスポーツをしていることが分かってきています。また、スポーツをすれば、ストレス解消にもつながります。子どもはパワーが有り余っているので、スポーツで解消すれば、落ち着きが良くなるなどの効果も期待できます。

子どもにスポーツをやらせれば、習い事として習っていることだけではなく、様々なことを学びます。どうすれば、上達するかとか、訓練の大切さを学んだり、チームワークの重要性を学ぶ場合も多いのです。協調性や集中力、忍耐力もつく場合が多いです。習い事というと、ただの趣味のように感じるかも知れませんが、子どもは趣味のスキル以外のことも学ぶのです。実際に受験や就職活動でもスポーツ経験はそれなりに評価されるものです。やり過ぎなければ、勉学のプラスになっても、邪魔になることはないのです。スポーツは習い事の中でもレッスン料が安い方なので、お金がないなら、まずはスポーツを学ばせるべきです。子どもがやりたがるものがなければ、誘導してでもやらせると良いです。